働く場所!

医療福祉分野での仕事に携わるためには病院や福祉施設で働くのが最も近道です。
そして、実際に働くためには国家資格やそれに準ずる公的資格を得る必要があります。
大抵の資格は養成期間での数年の研修を経た後に国家試験を受け、これに合格する必要があります。
医療福祉分野の中でも、特にメンタルケアを専門に関わる職種があります。
精神科を専門とする医師、看護師をはじめとして薬剤師、作業療法士、介護福祉士など日常生活やリハビリテーションをサポートするコメディカルに加えて、カウンセリングを行う臨床心理士、社会復帰へのサポートを行う精神保健福祉士もメンタルケアに関わる職種となります。
臨床現場ではこれらの職種がチームとなって担当する患者のケアにあたることになります。

メンタルケアを行う職場としては色々な場所があります。
求人数として最も多いのは精神科病院となります。
ここでは医師、看護師をはじめとして、薬剤師、作業療法士、介護福祉士、精神保健福祉士など様々なコメディカルが働いており、幅広い職種の求人があります。
患者の社会復帰を促すために自立支援施設で働く場合もあります。
ですが、これはある程度経験を積んだ看護師や作業療法士、社会福祉士などコメディカル職種が主体となる場合が多く、新卒での求人は少ないようです。
また、臨床心理士として経験を積まれた方が独立してカウンセリングを行う場合もあります。
経験を積むとある程度幅広い選択が行えるようになりますが、最初は病院などの施設でしっかりと経験と積む必要があります。

  • 案内する女性